香港新浪網 MySinaBlog
« 上一篇 | 下一篇 »
(管理員)草草一刀 | 08-Jan-15 | 劍匣藏經 | (47 Reads)

 

 


注意注意這一段和其前後描述:『攻入的右腳既是進攻,也是一個“虛”。自己的劍還沒有動。』.....就是劍道中段時右腳之微妙功夫,


沒有十幾年功夫很難意會,悟出其意和動作上的細節則功夫大進,出端面或小手, 就看這個......


......................................................................................


【柳生新陰流の『月影』】

“月亮從雲層中探出頭來的瞬間,腳下的水面就立即映出了月亮的倒影”

與月亮從雲層中露出一樣,從劍尖能夠露出攻擊的意圖。

雲層的動向,就是最初的右腳的進攻

雲層的飄動,便表露了月亮開始移動意圖。

這時,對手的劍尖會有細微的紊亂。

這一瞬間,水中便映出了月亮的倒影。

這個,是靠自己的右腳背來感知。

打擊的就是這個(譯者的理解:對手攻擊的意圖)

後發制人,柳生兵庫助的秘訣。

用右腳背去感知影映在水面的月亮的倒影(譯者理解:對手攻擊的意圖)

在一觸即發的距離之間一旦有了任何變化,除了打擊別無選擇。

只要對手有一絲的動靜,除了奮力打擊別無它法。如果到了這個狀態,將十分的體重放在左腘上,閃電般地用右腳攻入。

如果對方知道自己的進攻,必定會准備面的攻擊。

攻入的右腳既是進攻,也是一個“虛”。自己的劍還沒有動。

對於這個“虛”,(對手)以“實”對應。

但是因為劍沒有動,一瞬間轉化為“虛”。

這種細微的心氣的變化必然會傳遞到劍尖的細微動靜。

就是這個細微的動靜,用右腳的背感知。

這個時候,雖然對手無意識中決定了打擊,但是,還沒有成為有意識的打擊。

就是在對方下決心有意識打擊之前,自己先發制人。

操控對手的無意識,是終極的理合。

“攻來了”,正准備打擊時,但因為感知不到對手的“實”而產生一瞬的迷惑。就在這一瞬間,(對手)已經轉為“虛”

此時,自己卻以“實”擊之。

這就是所謂的“虛虛實實”

但是,中學生,高中生卻把它作為一個假動作來進行。


 

 

柳生新陰流の『月影』


月が雲間から顔を出した瞬間、足下の水面に月が映る」 これを『月影』と言う。


雲から月が出る。剣先に色が出る。雲の動きが、最初の右足の攻め。雲が動き、月が出始める。それが、相手剣先


その瞬間に、水面に月が映る。それを、右足の甲が受ける。そこで、打つ。打たせて取る、柳生兵庫之助の秘伝です。


水面に月が映る(月の影)。それを、足の甲に感じる。ギリギリの間合いで何かが起れば、もう打ち出すしかありません。


相手が少しでも動けば、負けずに打つしかない。こような状態に持っていき、左足の膕(ひかがみ)に十分体重を乗せていた状態から、そっと右足で攻め入る。


相手たと察知、面ってようとする


した右足めであり、《虚》。まだ、剣は動いていません。


この《虚》して、《実》状態対応めるしかし、剣かないので、一瞬《虚》じる


このかすかな気配が、剣の先のわずかな動きとなる。このかすかな剣先の気配を、右足の甲が感じる。


このとき相手の無意識は打つと決めたが、有意識はまだ打つと決めていない。


そこで、相手の有意識が打つと決断する前に、こちらが打ちに行く。


相手の無意識を操作する、究極の《理合》です。


とっさにとうとするが、相手《実》じないので一瞬戸惑その瞬間、《虚》じる


そこをこちらは《実》であるちに


これはいわゆる「虚実です。中高生これをフェイントのようにげさに実行しています